ネットビジネス初心者のみなさん、こんにちは。

 

あなたは、2008年のリーマンショックを覚えていますでしょうか?

この時の世界同時暴落は、「“デ・レバレッジ”にその本質がある」と唱える人物がいます。

 

そのひとの名は、日本一の個人投資家である竹田和平さんです。

生前100社以上の大株主となり日本一の個人投資家といわれた竹田和平さんが成功してきた理由が今回完全無料で公開されているようです!

 

財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』をインタビュー形式で公開していく、全4本の竹田和平さんによる講義映像になります。

これは見逃せない興味深い内容ですので、見られるうちに早くご登録しておくことをオススメします!

 

財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』を11月9日まで期間限定!完全無料で公開!
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1461352/1YDgJ26p-FHo0oQvk/

 

 

【先着】日本一の個人投資家 竹田和平のたった一つの投資戦略!

2009年12月時点で、米国の大手金融機関ゴールドマン・サックスの資産が日本円で約8兆円でした。

ところがその資産に、420倍以上のレバレッジをかけていて、デリバティブ残は約3360兆円。

 

注目すべきは、「兆円」という単位!

 

オバマ大統領が金融規制をかけようとしても、「大きすぎてつぶせない」という意味がよくわかりますね。

 

日本一の個人投資家である竹田和平さんは、こう教えてくれています。

「ヘッジファンドが借金をして資産を膨らませれば、レバレッジ効果によって「値上がり」による利益は何倍にもなる。ヘッジファンドは成果主義だから、報酬を受け取る側の人間は大儲けできる。」

 

そして、

 

「しかし一度、値下がりに転じると、アッと言う間に逆回転を始める。」

 

これこそが、“デ・レバレッジ”の恐怖なのです。

 

目論見が外れて資産の評価額が一方的に目減りしても、借金は減らないというのが背景にあるからなのです。

いわば他人の金を担保にして借金をして儲けようとしたのが多くのファンドです。

わずかの値下がりでも自己資本まで食いつぶし、食い潰される資産は言うまでもなく、投資している投資家の資本です。

それでも、解約を求める投資家に現金を返さねばならないから、現金化の為に損を承知で手当たり次第に資産に資産を投売りすることになります。

その投売りによって、さらに資産価値は暴落してしまうのです。

 

財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』を11月9日まで期間限定!完全無料で公開!
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1461352/1YDgJ26p-FHo0oQvk/

 

 

竹田和平の公開プログラムの講義内容

日本一の個人投資家である竹田和平さんが、財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』について講義している内容が全4本のビデオで公開されています。

 

気になる講義内容はというと、、、


・超インフレに勝つ方法!

・所得を5倍にする秘訣とは?

・財政破綻しても価値が減らない投資とは?

・「赤字」に立ち向かうたった一つの方法!

・会社が無くなり、生活が破綻する!可能性とは?

・財政破綻、インフレで起きること!

・竹田和平さんの「幸福」の本当の意味とは?

 

など希少価値の高いコンテンツが手に届くとのこと。

 

11月9日まで期間限定で完全無料にて公開されていますので、ぜひお早めにご登録いただければと思います!

 

財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』を11月9日まで期間限定!完全無料で公開!
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1461352/1YDgJ26p-FHo0oQvk/

 

 

竹田和平のたった一つの投資戦略!についてインタビューしているのは、実績多数の久家邦彦氏

今回の全4本の動画では、株式投資の2000万円の損失を抱えていた久家邦彦(くげくにひこ)さんが、日本一の個人投資家 竹田和平さんと出会ったことで損失が一挙にプラスに転じた理由を公開しています。

 

上場企業100社以上の大株主となり日本一の個人投資家と言われるようになった竹田和平さんが直接、教えてくれたことがあるそうです。

 

リーマンショックの頃に竹田和平さんと出会い、その当時の久家邦彦さんは、「仕事だけでなく、投資からも収入を得よう」と、株式投資を本格的に始めたばかりの頃でした。

 

ところが、安易に儲かることを考えていた当時の選択が思わぬ方向へと転じてしまいます・・・。

 

当時、はじめて買った会社の株はスルスルと株価が上がりあっという間に多くの含み益を生みだしました。

パソコンモニターで株価を見ていると嬉しくて、毎日ウキウキしていた久家さんは、そこで気をよくして買い増しをしました。

 

はじめは良かったのですが、ある時期を境に天国から、地獄へ・・・。

 

なんと、株価が急落しはじめたのです。

あれよあれよという間に株価が下がり、、、

なんと、株価は買値の10分の1になってしまいました。

 

抱えた損失は2000万円。

 

毎日そのことを考えるだけで目の前が真っ暗になったといいます。

 

この文章をパソコンモニターで読んでいるとあまり実感がわかないかもしれませんが、そこで損切りすれば、確かにマイナス2000万円の損失になるのです。

 

久家さんはこうも言います。

「それまで本屋さんにある「投資の本」を読んだり、著名な銀行家の投資セミナーに行ったりして、自分なりに投資を学んでいるつもりでいました。

ところが抱えた含み損は2000万円ということで、相当悩みました。

それは、「損切りするかどうか」です。」

 

そんなある時、本屋さんで何気なく手にとった本が竹田和平さんが書かれた本だったというのです。

 

今から、当時のことを思い起こしてみると、投資で、資産を増やすことばかり考えて「こうしたら儲かる!」とか「こうすれば損しない!」という「投資のノウハウ」や「投資のテクニック」が書かれた本ばかり読んでいた久家さんは、。竹田和平さんの書籍に出会い衝撃を受けるのです。

 

そこには「投資のノウハウ」や「投資のテクニック」は、ほとんど全くと言っていいほど書かれていなかったのです。

そこに書かれているのは、ほとんどが竹田和平さんの「経営と投資で成功してきた、あり方」だったといいます。

 

その翌週、久家さんは東京から、名古屋まで新幹線で竹田和平さんに直接会って、教えてもらいに行きました。

それから2週間に一度、仕事の合間を縫って東京から名古屋に通い、竹田和平さんに直接お会いして学ばせていただくようになったのです。

 

ところで、含み損で抱えていた2000万円の損失はどうなったと思いますか!?

 

実は、久家さんは竹田和平さんに教えていただいたある一言で「損切り」したそうです。

 

つまり、自ら2000万円の損失を確定したということになります。

 

ところが、その年。

さらに信じられないことが起きたのです。

 

年末に計算してみると1年間の投資の収支がプラスになっていたといいます。

 

「えっ!!」

 

聞き違いではありません。

 

そうです。

 

1年間の投資の収支が「プラス」になっていたのです。

 

なぜ、こんなことが起きたのでしょうか!?

 

 

このとき、竹田和平さんが久家さんに教えた「ある一言」とはいったい何なのか!?

 

その続きは、あなたご自身の目で直接チェックしてみてください!

          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1461352/1YDgJ26p-FHo0oQvk/

 

 

最後に、竹田和平のたった一つの投資戦略!は、質の高い内容のものばかり!

今回ご紹介している、日本一の個人投資家となった竹田和平さんが教えてくれる内容というのは、、、

 

・超インフレに勝つ方法!

・所得を5倍にする秘訣とは?

・財政破綻しても価値が減らない投資とは?

・「赤字」に立ち向かうたった一つの方法!

・会社が無くなり、生活が破綻する!可能性とは?

・財政破綻、インフレで起きること!

・竹田和平さんの「幸福」の本当の意味とは?

 

など、質が高い内容になっています。

 

年収を5倍にしてお金の不安から一生解放される秘訣を、11月9日までの期間限定で完全無料公開されていますので、この機会を逃さないチャンスはないはずです!

 

有料でもおつりがくるくらいのコンテンツですが、無料で手に入るうちにご登録されておくことを強くオススメします!

 

財政破綻しても価値が減らない!『たった一つの投資戦略!』を11月9日まで期間限定!完全無料で公開!
          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1461352/1YDgJ26p-FHo0oQvk/