ネットビジネス初心者のみなさん、こんにちは。

 

経営学の父「ピーター・ドラッカー」のことはご存知かと思います。

 

彼は、現代の経営学やマネジメントを発明したといわれ、数々の著書は経営学のバイブルとして受け継がれ、世界中の経営者たちが愛読しています。

 

「教養ある人間は、勉強し続けなければならないことを知っている。」

という彼の残した名言のように、経営を志す者にとって学習することは日々のルーティンでもあり、永遠のテーマです。

 

ピーター・ドラッカーはこうも言います。

「運が悪いのではない。資金が足りないからではない。コネがないからではない。それは、マネジメントの失敗による倒産だ。」

会社が存続していけるかどうかは、結局のところマネジメントが大半を締めているということなのです。

もしも、あなたが今後会社を立ち上げたいと考える方だったり、あるいはすでに社員10名以下の中小企業経営者の方であるのならば、この動画セミナーは受講必須です。

 

こちらからどうぞ⇒ピーター・ドラッカーの超実践的マネジメントの秘密を見る!

 

 

仕事に追われる経営者から、仕事を委任できる経営者になれるか!?

会社がひとを雇っているのは仕事を任せるためです。

それが本質のはずですよね!?

しかしながら、ひとを雇ったせいで余計に仕事が増えて、もっと忙しくなっているという経営者を見たことはありませんか?

それとも、あなた自身がこういった経営者ですか??

部下が自分の頭で考えて積極的に仕事をするようになれば、もっとあなたの仕事に集中できるのにって思いますよね!?

まさに、そのために必要なのがマネジメントスキルです!

部下が自分から進んで仕事をするようになり、あなたは何もしなくても勝手に成長する会社を作る方法が、期間限定で公開されています!

 

しかも、経営学の父とも称される、ピーター・ドラッカー超実践的マネジメントスキルです!

 

今なら無料で学べるので、ぜひチェックしておきましょう。

 

こちらからどうぞ⇒ピーター・ドラッカーの超実践的マネジメントの秘密を見る!

 

 

自発的に働く社員がいる会社の共通点と、正しいマネジメント

忙しいのに儲からない会社の社長と、遊んでいるのに儲かる社長とでは、社内で行われているマネジメントに決定的な違いがあったのです。

後者の遊んでいるのに儲かる社長は、どんどん部下に仕事をふることができるので、自由な時間ができて、好きなことに集中することで、なおかつ会社の売上も上がるという仕組みを構築できています。

もし、あなたが今忙しい割に儲からないと悩んでいる経営者の方であれば、世界的マネジメントの権威から正しいマネジメントを学んでみてはどうでしょうか?

 

トップだからといって、社員よりスキルが高いというのは大間違いです!

 

いかにスキルの高い社員に自分のできないことを任せられるかが、できる社長とできない社長の違いなのです。

 

社長であれば、社員に命令を下す権限があるので容易いことかと思われがちですが、命令することと、ひとを動かせることは全くもって違うスキルということを認識していなければいけません!

 

いい会社の絶対的な法則があります。

 

それは、“正しいマネジメントが行われている”という事実です!

 

このスキルは、学ぶ価値が大いにありますし、この機会を逃せば後悔することになるかもしれません。

 

こちらからどうぞ⇒ピーター・ドラッカーの超実践的マネジメントの秘密を見る!

 

 

好きなことをする社長の方が儲かる理由

世の中には二人の社長がいます。

一人はとても責任感が強く、社員全員が仕事がしやすいように気を使っている社長。
一方もう一人は、嫌いな仕事や苦手なことは全部社員に丸投げし、自分は好きなことしかしない社長。

この二人の社長のうち、どちらの会社のほうが大きな売上をあげられると思いますか?

 

会社が停滞する75%の原因はマネジメント不足にあるといわれています。

 

売上の停滞、社長と社員の温度差、社員のモチベーションの低下、これら全てにおいてマネジメント不足に端を発しているというのです。

 

あなたは「マネジメント」の正しい定義が言えますか?

 

事実、ほとんどの社長がマネジメントの正しい翻訳語や正しい意味を知りません。

そして、多くの社長が今日もマネジメントに失敗しています。

あなたも社員も全員が幸せになる会社を作りたいのであれば、マネジメントの発案者から「マネジメントの真髄」を学んでみませんか?

 

こちらからどうぞ⇒ピーター・ドラッカーの超実践的マネジメントの秘密を見る!

 

 

社員数名でもマネジメントが必要な理由

少人数の会社なら社長一人で管理できるからマネジメントは不要だと思いますか?

もしそう考えているなら、大間違いです。

むしろ小さい会社ほどマネジメントが必要です。

 

そして、小さい会社から正しいマネジメントを行うことで今後の会社の成長速度が大幅に変わるでしょう。

 

なぜ、小さい会社ほどマネジメントが必要なのか?

その理由を知りたい方は、ぜひとも今回の情報はしっかりと受け取っていただきたいと思います!

 

何よりも、4本の動画とメールセミナーを通じて、経営学の父「ピーター・ドラッカー」の真髄が学べるのです。

 

あなたが経営者であれ、経営者を目指している方であれ、正しいマネジメントスキルを身につけず会社を経営することはありえません!

 

あなたにいち早くこの情報を届けられてとても光栄に思います。

 

こちらからどうぞ⇒ピーター・ドラッカーの超実践的マネジメントの秘密を見る!