コンテンツマーケティング成功の5ステップ 〜その③〜

それでは、コンテンツマーケティング成功の5ステップステップ3にいきたいと思います!

過去の2回を少しおさらいしておくと、まずは「ゴールを設定する」ことから始めて、次に「ターゲットを絞り込む」ということでした。

過去2回分の復習をしたいという方や、コンテンツマーケティングについてイチから学びたいという方は、下記リンクからどうぞ!

ゴール設定について:『コンテンツマーケティング成功の5ステップ 〜その①〜』

ペルソナを設定する:『コンテンツマーケティング成功の5ステップ 〜その②〜』

さぁ、このシリーズの大きなテーマであるコンテンツマーケティングですが、そもそも言葉の意味を理解していなければ成り立ちません。

“コンテンツ”=“自分の商品”

ですね。

自分の商品を多く売ることが目的なのです。

それでは、今回も一緒にコンテンツマーケティングについて学んでいきましょう!

コンテンツの設計

今回の3ステップ目は、そのままズバリ“コンテンツの設計”です。

このコンテンツ設計には3段階のフェーズがあります。

1.認知フェーズ

2.評価フェーズ

3.購入フェーズ

この3段階は、認知〜評価〜購入という流れに沿って徐々にスロープを降りていくような感じで進んでいきます。

まさに、設計する上で順番があり段取りがあり綿密な下準備をして、自分のオリジナル商品を世に出していかなくてはならないんですね!

認知フェーズについて

オリジナル商品があっても、それを知ってもらうことから始めなければいけません。

「私の商品はここにありますよ。こんな人のお役に立てますよ。」

ってことを認識してもらう必要があるんです。

では、どのような方法で知ってもらうことができるか次にいくつかあげます。

・ブログ
・動画
・ニュースレター
・資料
・SNS

上記のような手段を使い、ステップ2で設定したあなたの「見込み客」に情報を届けてあげてください。

ブログに書くのか、動画で言うのか、、SNSで発信するのか分かりませんが、、、

そのときにやってもらいたい重要なポイントがあります!

 

それは、、、

 

商品の良さばかりを宣伝するのはなく、どんな点があなた(見込み客)の悩みを解決できるのかということを教えてあげてください。

極論、商品名や型番などはあとでいいので、悩みを解決できる売り文句を真っ先に発信するくらいでいいかもしれません。

評価フェーズについて

何かしらの新商品が世の中に出たときに、あなたはそれについて調べますよね!?

前の商品と比べてどこが違うのかを、CMだったり広告だったり購入者のレビューを見たりして情報を仕入れます。

これが評価という段階に入っていることになるのです。

繰り返しになりますが、次のような方法を使って評価します。

・レビュー
・口コミ
・デモ動画
・WEBセミナー
・広告

他と何が違うのかというのを教える手段として、上記を活用していきますよね。

この段階は、信頼を得るために重要なところになりますので、ぜひ次の購入フェーズに繋げられるような戦略を練っていただきたいと思います!

購入フェーズについて

まさしく最後のひと押しといった段階に入っていきます!

あなたの商品を見込み客に知ってもらうことができました。

色々と調査した結果、あなたのお店で商品を買うことに前向きになってくれました。

最後は、購入ボタンを押してくれるのか!?

その商品を持ってレジまで足を運んでくれるのか!?

もうこの段階まできているのです。

ここでとる行動もいくつかあるのでご紹介しましょう。

・無料セミナー
・クーポンの配布
・購入特典

このような方法を使って、商品を購入してもらえるように持っていくわけですね。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか!?

『コンテンツマーケティング成功の5ステップ』ステップ3は、「コンテンツを設定する」でした。

認知〜評価〜購入という流れは、徐々にスロープを降りていくようなイメージだと最初の方でお伝えしましたが、それはどういうことかというと。

認知フェーズの段階で、あなたの見込み客にあなたの商品を知ってもらったところで、全員が購入に至ることはまずないからです。

絶対ないとは言いませんが、ほぼ全員が買うなんてことはないと考えて行動するべきでしょう。

だから、認知〜評価〜購入までの流れのなかで、だんだんと人が減っていくということをイメージしたということなのです。

商品ひとつを買ってもらえるまで、ここまでの緻密な計算と戦略が必要なのですね!?

ある意味気が遠くなるような作業ではありますが、やりがいがあり自分の商品への愛情が測れるいいチャレンジだと思います!

ぜひ、今回のことを参考にしてあなたの商品をより多くの人へ届けられるよう頑張っていただきたいです♪

 

それでは、次回の4つめのステップの記事をお楽しみに〜★