ネットビジネス初心者のみなさん、こんにちは。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(=DRM)』という言葉をご存知でしょうか?

 

ネットビジネスの世界では当たり前のように精通しているので、

理解している方も多いかもしれません。

 

簡単にいうと、、、

 

集客して

 

教育して

 

販売する

 

というビジネス手法のこと。

 

このDRMは、確実に稼ぐひとつの手法です。

 

では、

 

例えば、販売するためのコンテンツよりも、

集客することが、何よりもまず大事なことなのでしょうか!?

 

 

 

結論としては、

 

まずは、コンテンツを優先とすべきだということになります。

 

よろしいでしょうか、、、

あなたが商売をする上で、売る商品がなければ商売が成り立ちませんね。

 

じゃないと、“価値を与えて対価を得る”というビジネスの法則が成立しません。

 

価値も与えられないのに、お金を受け取ることは詐欺です。

 

詐欺師は、ビジネスの土俵には立っていません。

 

そして、

 

ネットビジネスの世界では、何が価値に相当するのかというと、、、

 

それは、“情報”ということになります。

 

ネットビジネスでお金を稼ぎたいという希望を持つひとに、

適切な情報を与え、それに見合った対価を受けとるというのが正しいかたちです。

 

今の時代、ありとあらゆる情報の波が押し寄せてきて、

必死にその荒波の中をかき分け、

ときにはもがき苦しむような体験もたくさんしているかもしれません。

 

優良な情報というものにありつけるのは、本当に困難なことになりました。

 

ネットビジネスで稼ぎたいのならば、

こういったひとたちを正しい方向に導いてあげることをしなければなりません。

 

いわゆる、「情報弱者」といわれるひとたちに手を差し伸べて、

「情報強者」への道しるべとなってあげられることなのです。

 

そのためには、

私たちが正しい情報をしっかりとつかみ取り、

情報強者として、地に足をつけた確固たる存在にならなければいけません。

 

ひとを集めるのならば、情報弱者からの脱却を目指しましょう!

 

道を見失っているひとに、案内役などできません。

 

あなたがやるべきことは明白です。

よりよい情報を伝えられる、優良コンテンツを用意すること。

 

確かに、鼻歌まじりのスキップ感覚で進めるほど楽勝な道のりではありません。

 

さぁ、選択しましょう。

 

リーダーとなるか、詐欺師となるか、、

 

全ては、あなた次第です。

 

もちろん、バランスが重要なので、

優良コンテンツがあっても買ってくれるひとが集まらなければ、稼げませんね。

 

優先順位として、よりよいコンテンツを提供することを心がけましょうということです。

 

 

ネットビジネスは胡散臭がられるって話しました。

 

「情報商材買ってくれたら、稼げるノウハウ教えます!」

的なこといわれますからね。

 

でもね、

 

アフィリエイトというのは、“商品の販売代行”をしているのです。

 

商品を宣伝して売れたら、

その対価としての報酬が100%アフィリエイターに入ります。

他に何%かいくような組織形態ではありません。

 

仕組みを知らないうちというのは、

得てして、勘違いをされてしまうケースが珍しくありません。

 

でも、

 

ネットビジネスの仕組みを理解していなくて、

心ない言葉を浴びせてくるひとたちがいたとしても、

そのひとたちを恨んではいけません。

 

なぜなら、そのひとたちのことを私も知らないから。

 

私たちがフォーカスすべきところは、そんなところではありません。

「有益な情報を、情報弱者に伝えること。」

ただそこだけにフォーカスすればいいのです。

 

間違いなく、今後はネットビジネスが主流になるでしょう。

Googleは、今や”神様”扱いですww

 

そのうち、ネットビジネスが胡散臭いといわれてたことが

笑い話になる日がきます。

 

いいですか!?

情報を提供することがビジネスの大事な肝となります!

 

 

今やるべきことは、すぐにやる!

 

今すぐ始める!

 

そして、

 

継続していく!